半分、聞こえる

今、朝ドラで放送中の「半分、青い」では

主人公が片耳が全く聞こえないの子の人生を描いたものですが

私も実は半分、耳が聞こえない子でした。

主人公は、幼い時におたふく風邪になってしまったことが発端で

ムンプス難聴になり、聴力を失くしてしまっていました。

私は、中耳炎が影響で片耳が聞こえなくなってしまいましたが

2回の手術をえて、全く聞こえない状態から、半分聞こえる状態に戻ることができました。

片耳聞こえなくても生きてはいけるから、

もう大丈夫だろうと、諦めていたのですが、、

主治医の先生の勧めで、手術した結果、奇跡的に聞こえるようになりました。

それでも、通常のレベルの聴力までには戻ってないですが

ほとんど聞こえていない状態から、聞こえるようになったは、それだけでも凄いことです。

手術をして、私を支えてくれた先生方に感謝しています。

聞こえるようになった時に思ったことは、

「聞こえる」ことって本当にすごいことなんだと痛感しました。

片耳が聞こえないと意外と不自由なこともたくさんあります。

ドラマでも、そういうところもきちんと描かれていて、自分のことのようにジーンと心に響きます。

すごく素敵なセリフがあったのですが

まだ、小さい頃の主人公が雨の日に傘をさして言った言葉ですが

「右耳だけ雨が降ってる」と言って、聞こえない左耳はもちろん雨音を聞くこと

できなかったのですが、お母さんが「左耳は晴れやね。」と。

聞こえないねというのではなくて、「晴れてるんだね。」と表現したことが

とても素敵だなと思いました。

聞こえないと暗闇にしか思えないのに、晴れてるんだと思うことで心が明るくなります。

言葉一つで、救われることも多々あります。

私もそういう風に思えればもっと楽だったんじゃないかと。

辛い辛いと思うよりも、そのものを受け止め、良いものとして捉えていくことが

人生を明るくしていくのだと思います。

鑑定師としても、そういう言葉を発せられるようになっていきたいと思います。