心の在り方とは?

ある時、カウンセリングをしている方と意見交換をしているときに

間違っている思考パターンを発見してしまいました。

いわゆる引き寄せの法則では、なりたいイメージングした上で

行動しその結果、願いが叶うと言われることが多いですが、

私もそうだと思っていました。でもなんでこんなにイメージングしても

一向に願いが叶わない。なんでだろ?って思うことがあるのですが

それは、心の在り方が間違っているとのことでした。

要するに、have(得たいものをイメージング、具現化する)、

do(行動する)、be(望んだ状態になる)が一般的だと思っていたのですが、

これだと、なりたい状態になり、願望が叶った状態にならないと。

イメージングするだけでは、自分以外のものに依存し、条件が揃わないと

動けない状態になり、それでは、結果は叶わなくなってしまうらしいです。

なので、フローを逆で、be(〜の状態になる)、do(行動する)、

have(手に入れる)の順でないと意味がないとのこと。

まずは、心の「在り方」が大事でそれを実現したらどうなるのか

すでにそうなっていると思うことが大事だというのです。

また「〜になりました。」と完了形であれば大丈夫というわけではないようです。

これもだたイメージングだけになってしまう恐れがあると。

つまり、それを手に入れて幸せで満たされた状態でいることで、行動が変わり、

望む結果になるとのこと。

イメージングや願い事を書いたらできると思い込んでいましたが、実はすでにそ

れができていると思い、「満たされる」状態になることが大事でした。

なるほどだなと。

そういえば、自分の人生も振り返ってみると、確かに

こうなると決めることで、行動が変わり、願望を叶えていたなと。

上京すると決めた時、この会社に入りたいと思った時、確かに

すでにそうなっていると思い、行動していた。そしたら叶っていた。

自分でも経験していたことなのに、

今頃、改めてはっと気づかされてしまいました。

ふとそのことに気づく感覚も大事ですね。

色々ともう一回、やり直しかなと。

でも、やっと願望実現の糸口がすっと見えてきました。

叶う前兆のようです。楽しみです!