先祖の思い

ご相談でもよく聞かれる「先祖の因縁」についてですが

四柱推命ではその人の生まれ持った宿命を観ることができますが

たまに「妨害殺」という吉凶星を命式に持っている方もいらっしゃいます。

「妨害殺」は、異性間や家系に纏わるトラブルの暗示です。

どの柱にあるかによって解釈は異なってきますが

先祖の因縁を自分の代で解消するという宿命もあったりします。

ブログにも先祖供養のことはよく書かせてもらっていますが

不思議と同じ課題を持った方の鑑定、リーディングが増えました。

自分が「先祖」の課題を乗り越えてきたからこそ

因縁を解消への導くことができるようになったのかもしれません。

 

先祖供養しないと、何か家系によくないことが起こるとか祟るとか

都市伝説的に言われたりしますが必要以上に怖がる必要はないです。

ここ数年、自分が解消に取り組んできたみて

先祖の因縁の影響を受けている人とそうではない人はいます。

影響受けている人の多くは

亡くなった先祖がまだこの世にとどまっていて成仏してないケースがあります。

なんで成仏してないかというと

この世に対して未練や心残りがあると成仏することが

難しくなってしまいます。

 

もっと生きてこういうことがしたかった。

もっと家族と一緒にいたかった。など

その生前の心残りが強いとこの世に魂だけは残り

成仏できてないままということが実は多いです。

その場合ですが、その思いを浄化して浄霊(成仏させること)し

あの世に送り出します。

悲しい、苦しい思いがあってその思いを子孫にも分かってほしい

という思いは、それが負のエネルギーとなってしまい

子孫に取り憑かれてしまっているケースもあります。

なぜか途中で仕事、恋愛、結婚がうまくいかないことや

なんか生きることそのものに意欲、希望が持てないなど

全てがというわけではありませんが

「妨害殺」をお持ちの方は何か妨害されることが多い傾向です。

なので、先祖供養はすることはすごく大事なことです。

なぜ、自分がその宿命を持って生まれたのか?

今世で向き合うべき課題は何なのか?

リーディングしていくとその意味が分かり

腑に落ちることが多々あります。

 

あの世に上がっていない先祖のエネルギーは

負の感情があり重たいエネルギーであることが多いのですが

今回、ある方のリーディングさせてもらったときに

全てがそうではないんだなという出来事がありました。

先祖が生前にやり残したことがあり

それを子孫に引き継いでほしいという思いがあって

思いを伝えたくてこの世に留まり続けていました。

その思いをその方に伝えると、実はその方が今後やりたいことだったり

導かれている道だったりしました。

先祖からのメッセージは意味深いものだなとつくづく感じました。

先祖の思いを受け取り、その道に進むことが本当の意味で先祖供養に

なるのではと思います。

 

先祖供養は、先祖からのメッセージを受け取りどう向き合うか

改めて考えさせられました。

3月の春分の日は「お彼岸」にあたります。

この時期に先祖から今何か受け取るべきメッセージがあるかもしれません。

気になる方は鑑定、セッションいたしますので

ぜひご依頼ください!